施工実例集

太陽をたっぷりと取り込む大きな吹き抜け 伸びやかなプロバンススタイルの家

1. オレンジを基調にした愛らしい色彩と、石張りのテクスチャの素朴な表情の重なりが素敵なプロバンススタイル。特徴的な3連の上げ下げ窓もとっても洒落ている(写真はすべてK邸)

営業担当者への信頼感が決め手
スピーディーな対応も好印象

中古一戸建てを10年前に購入して住んでおられたKさん。子どもたちも4人に増え、少々手狭になったこともあり建て替えを決断。まずは各社モデルハウスの見学に。中でも、同社の岡山南店展示場で見たプロバンススタイルのモデルハウスの雰囲気が好印象だったという。また、その時対応してくれた営業の田中さんの応対も強く心に残ったそうだ。

Kさんが忙しかったこともあり、すぐの家づくりとはならなかったそうだが、プランもしっかりつくってくれた上、「他の会社も見てくださいね」と言われたことがとても印象的だったそう。しかも、半年後に再び同展示場を訪ねた際、以前のプランはもちろん、話した内容のメモまで持っていてくれたことに驚かれたそうだ。そんなやりとりに信頼感を覚え、カバヤホームにお願いしようと決められたそうだ。

大きな吹き抜けになったLDKと階段など、開放感あふれるプランは、Kさんたっての希望。その他、サッカーや野球をする子どもたちの物で散らかりがちになる玄関や、朝のドタバタが日常だった洗面スペースなど広めにして暮らし心地をアップ。間取り以外にも、玄関灯やリビング扉のステンドグラスなどのエレメンツにもこだわられた素敵な家が完成した。

「たくさんの要望を伝えましたが、とてもスピーディーに対応してもらえてよかったですね」とKさん。「どこそこで見た家の外観の雰囲気が良かった」と言えば、すぐに見に行ってプランに反映してくれるなど、仕事や子育てで忙しいKさんにとって心強いサポートだったそう。最初に感じた田中さんへの信頼感は、家づくり全体を通しても変わることがなかったようだ。

あるとうれしい玄関のゆとりと収納力

玄関に入ってすぐの右手にあるのが土間収納。ホールも広々すっきりしている

男の子4人兄弟のKさん家族。前の家ではどうしても散らかりがちになっていたそうだ。というのも、スポーツされているそうだから、その用具が玄関に散乱してしまいがちになるのはしょうがない部分もある。だけど、シューズはもちろん、ボールやバットなど汚れた用具はできれば家の中に入れたくないもの。そこで役立つのが土間収納だ。ここなら少々泥の付いたものでも気にせずに収納できる。玄関を開けたら靴だらけなんて事態もこれなら回避できそう。住まいの顔である玄関のゆとりはとても大事なものだ。

■K邸
●1階床面積/72.00m2
●2階床面積/66.25m2
●延床面積/138.25m2(41.8坪)

「会話のキャッチボールが大切ですね」

営業担当 田中 一

「たくさんの要望に素早く対応してもらえたのが良かったとKさんに言っていただきましたが、Kさんのように具体的なイメージをお持ちで、ざっくばらんに何でもお伝えいただけると私どももお手伝いしやすいですね。会話のキャッチボールが活発になるよう、みなさんにもたくさんの事例を見ていただきたいですね。弊社では、モデルハウスの他、現場見学会で実際のお施主様の住まいを見ていただく機会を設けております。詳しい情報はHPなどもご覧ください」。

施工実例集に戻る