クリーンで経済的 太陽光発電

屋根に降り注ぐ太陽光をソーラーパネルで受け止めることで行なわれる太陽光発電は、発電時にも使用時にも火を使わないため、CO2を発生させない、人と環境の両方に優しい発電方法です。

カバヤホームでは、太陽光発電をのせることも、のせる前提のプランニングもすることが可能です。一声おかけ下さい。

昼の長い夏の日などにこそ、ソーラーパネルは活躍します。

たっぷりの太陽光を受けて作り出された電気は、ご自身で使われるだけでなく、余りができれば電力会社に売ることが可能。モニターを見れば、一日の発電量も一目瞭然です。

光熱費を支払って電気を買いとるのではなく、作り、使い、売る時代が、すでに始まっているのです。

太陽光で発電した電力を電力会社に買い取ってもらえます。
これを「売電」といいます。
売電は太陽光発電10KW未満か10KW以上かで売電方法が
2つ分かれます。
余剰電力買取と全量電力買取どちらがお徳なのでしょうか??

太陽光の特徴

据え置きタイプでは実現しなかった、屋根一体型ならではの外観の美しさ。
屋根自体が太陽光発電となる為、従来の据え置きタイプと比べ屋根一杯に載せることができます。
また、一体感がありキレイな仕上がりとなります。

進化形はロングライフ
従来は屋根のメンテナンスをする際にソーラーパネルを外す必要がありました。一体型の「ソーラールーフ」は表面材がガラスとアルミなので、劣化が少なく、短期間の塗装や葺き替えの必要がありません。
優れた止水構造
LIXIL の建材メーカー視点、そしてアイデアと工夫により、雨水等の自然環境に強い三重の防水構造を実現しました。

進化形はコストパフォーマー
屋根材の上に設置する屋根置き型の場合は、屋根材とソーラー発電システムそれぞれの価格に加え、工事費が二重に必要です。「ソーラールーフ」は、屋根材が不要となるのみならず、施工が一度で済むため、コスト削減にもつながります。